ポルトガル語

Olá!

はじめに・履修者へのメッセージ

Message

重要な割にあまり日本では学習されていない言語、その代表格がポルトガル語でしょう。ポルトガル語は、母語とする話者人口数が約2億、世界第6位とされる言語で、ポルトガル、ブラジル、アンゴラ、モザンビーク、東ティモールなど9か国、およびマカオの公用語となっています。これだけ世界各地で広く使われている大言語であることは、案外忘れられているのではないでしょうか。
日本との縁が深いという点でも、ポルトガル語は重要です。ご存知のように、ポルトガル人は日本と接触した最初のヨーロッパ人であり、鉄砲やキリスト教といった西洋の文物をいち早く日本に伝えました。コンペイトウ、タバコ、シャボン、カルタ、ボタンなど、日本語として定着したポルトガル語の単語も少なくありません。他方、ブラジルには150万人もの日系人が住んでおり、世界最大の日系移民社会を作っています。日本の歴史や文化を学ぶ上でも、ポルトガル語は非常に重要な言語なのです。

法学部におけるポルトガル語について

GDP世界6位の経済新興国としてブラジルが台頭したことは、ポルトガル語をますます重要な言語としています。2014年のサッカー・ワールドカップに続き、2016年にはオリンピック、パラリンピックがブラジルで開かれました。ポルトガル語を学んで躍進著しいブラジルをぜひ訪れてみましょう。

慶應義塾法学部はブラジルのサンパウロ大学法学部と学術交流協定を結んでおり、両学部間での研究者の往来も頻繁です。義塾との縁も深く、重要性を増しているポルトガル語を学んでみませんか。

コース紹介

Courses

週1回の授業で、4年次まで継続して学ぶことができます。日吉での2年間は日本人の先生、三田での2年間はブラジル人の先生が担当します。必修の外国語科目ではありませんので、第三外国語として履修することになりますが、少しでもポルトガル語に関心があるのであれば、積極的に挑戦してください。

ポルトガル語独自サイトのご紹介

ポルトガル語について、法学部のポルトガル語教育についてより詳しく知りたい場合は、ポルトガル語が思わず好きになってしまうホームページ
慶應義塾大学法学部ポルトガル語の部屋」を参照。ポルトガル、ブラジルはもちろん、マカオや東ティモール、モザンビークやアンゴラについての情報も積極的に発信していく予定です。

外国語履修の方法

Way of course

次の7つの外国語の中から2つを選び、必修科目として学びます。
英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語、朝鮮語

※いずれにも、週2回授業のレギュラーコースと
週4回授業のインテンシブコースがあります。
※2つを超える外国語については、入学後に選択科目として登録します。

各言語と授業を知ろう

Get to know the teaching and each language