入学手続者必見
履修希望外国語登録の仕方

 

法学部では、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語、朝鮮語 、アラビア語(2020年4月入学者より選択可)の8つのうちから2つの外国語を選択し、2年間にわたって学ぶことが義務づけられています。

以下の手順に従って2つの外国語を選んでください。

<手順>
1.下表「法学部外国語科目設置コース一覧」から関心のある外国語、コースを選び、各外国語のページにジャンプして、
 コース内容の説明をよく読み、希望する外国語を選んでください。
2.入学手続者に通知される「語種の組み合わせ一覧表」で、希望する外国語の組み合わせ番号を確認し、入学手続きの際に第3希望まで選択してください。

<注意点>
・レギュラーコースは週2回、インテンシブコースは週4回の授業です。アラビア語はレギュラーコースのみです。
・インテンシブコースを2つ選ぶことはできません。
・必ずしも英語を選ぶ必要はありません。

<英語以外の外国語既習者について>
・原則として、学んだことがない外国語を必修外国語科目として選んでください。学んだことがある外国語については、必修外国語科目として履修しなくとも、選択外国語科目として外国語教育研究センター設置の中級・上級科目などを履修することにより、学習を継続することができます。必修外国語科目としては、学んだことがない新しい外国語に挑戦してください。
・ただし、中学や高校などで1~2年程度学んだ外国語をあらためて初級から学び直したいという学生には、既習者だからといって油断、慢心することなく学習に取り組むことを条件に、学んだことのある外国語を必修外国語科目として履修することを認めます。その場合、インテンシブコースを履修して高度で幅の広い運用力を養うことを勧めます。
・中国語と朝鮮語については、既習者はインテンシブコースを履修することのみ認められ、レギュラーコースを履修することはできません。詳しくは中国語あるいは朝鮮語のページを参照してください。
・ドイツ語とフランス語には既習者用のインテンシブコースがあります。「語種の組み合わせ一覧表」では「ドイツ語インテ」あるいは「フランス語既習インテ」を選んでください。詳しくはドイツ語あるいはフランス語のページを参照してください。なお、ドイツ語、フランス語以外には、このような既習者クラスはありません。

<参考>
・2017年度入学者の中で特に希望者が多く、第二希望へと移される人数が多かった組み合わせは、「英語・フランス語」、「英語・スペイン語」です。
・2018年度・2019年度入学者の中で特に希望者が多く、第二希望へと移される人数が多かった組み合わせは、「英語・スペイン語」です。



法学部外国語科目設置コース一覧

 

語種

コース名

「語種の組み合わせ一覧表」
での選択肢

英語

レギュラーコース(標準レベル)

英語

レギュラーコース(上級レベル)

インテンシブコース

ドイツ語

レギュラーコース(初習者)

ドイツ語

インテンシブコース(初習者)

ドイツ語インテ

インテンシブコース(既習者)

フランス語

レギュラーコース(初習者)

フランス語

インテンシブコース(初習者)

フランス語初習インテ

インテンシブコース(既習者)

フランス語既習インテ

レギュラーコース(既習者・フランス語入試合格者・帰国生)

中国語

レギュラーコース(初習者)

中国語

インテンシブコース(初習者)

中国語インテ

スペイン語

レギュラーコース(初習者)

スペイン語

インテンシブコース(初習者)

スペイン語インテ

ロシア語

レギュラーコース(初習者)

ロシア語

インテンシブコース(初習者)

ロシア語インテ

朝鮮語

レギュラーコース(初習者)

朝鮮語

インテンシブコース(初習者)

朝鮮語インテ

アラビア語

レギュラーコース(初習者)

アラビア語